蒼天遊々な旅

LIFE IS TRAVEL

CIRRUS 9

f:id:ikazuti-d:20210715090727j:plain

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 登山靴のリペアが完了してお店に出向いたときに、お店のSNSで見て気になっていた商品を購入した。

登山用品メーカー『ブラックダイヤモンド』の軽量ザック『CIRRUS 9』だ。

先日の右田ヶ岳の登山の際に試しに使ってみた。

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

本来の用途はメインザックというよりもサブザックやアタックザックという立ち位置の物。収納時は手のひらにすっぽりと収まる大きさで軽量化をはからねばならない登山装備においてはこの大きさは荷物にならないだろう。

重量はなんと30gという驚きの軽さ。

これほどの軽さなのにもかかわらず、バックルを使用せず、ロープのフリクションだけでショルダー調整があったりチェストストラップがあったりと、背負った時のフィット感も兼ね備えたザックだったりする。

バイクでの出先で買い物をしたときにこれがあると諦めずに購入して持って帰ることが出来るという、バイク乗りあるあるを語ったお店の紹介に釣られてみた。

f:id:ikazuti-d:20210715101532j:plain

容量は9L。水筒と行動食、タオルやヘッドライトなどちょっとした小物なら十分に納めることが出来る容量だ。生地も透けるほど薄く、ジッパー部の布部分もメッシュになっていたり随所に軽量化がはかられているが、ザックとしての安定感、肩からずれ落ちないとか、しっかり体にフィットしてザックが暴れないとかいう点もきちんと補われており、非常に使い勝手が良いように感じた。

ついつい普段からヘビーオンスのデニムを愛用しているので、この透けるほど薄い生地がまるでトイレットペーパーのように感じられ不安があったが、縫製や生地そのものの強度も十分に確保されているようで、使ってみて安心感は得られたように感じる。

しかし、ロープのフリクション(摩擦)だけでショルダーハーネスやチェストハーネスを絞って通常のザックのように体に密着させるという造りは斬新だった。

大体この手の超軽量ザックだとハーネスの調整機構は排除されていることが多いのだけれど、この『CIRRUS9』に関しては背負い心地を左右する調整機構を排除しないというメーカーの意気込みを感じれる。

f:id:ikazuti-d:20210718221746j:plain

輪郭を出すために中にブランケットを入れてみたのだが、そちらの色が濃いせいで透けて色合いが変わってしまった。

夏の間の登山はこれをメインに使ってみようかな。

 

ikazuti-d.hatenablog.com