蒼天遊々な旅

LIFE IS TRAVEL

いつかの風景 ランタン

f:id:ikazuti-d:20190703114744j:plain

Nikon FM2での撮影。

 

たしか誰かが泊まりに来た時に、部屋の一室にセッティングした時の様子だ。

小物置きにちゃぶ台。夜用の手元の灯りにLEDランタン。

どちらもアウトドアで使っている物だ。

モンベルのLEDランタンはお気に入りの一つ。

普段は枕元に置いて非常灯代わりにしている。

少しばかり重いが、コンパクトながら単三電池4本で結構明るく、長時間使えるモノ。

ソロキャンプなら、これとヘッドライトがあれば照明は完結すると想う。

燃料を燃やして明かりにする照明器具よりも、LEDなど電気に頼った明かりの方が安全性が高いこともあって多用している。

燃焼系照明も雰囲気や味があって良いんだけれど・・・。

 

良いなと想ったらちょいちょい(ついつい)買っているので、家に転がっている照明アイテムは手袋並みに多い。

停電になっても困ることは無いだろう。 

 

ikazuti-d.hatenablog.com 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

プール

f:id:ikazuti-d:20190720150046j:plain

昨日の事、20数年ぶりくらいにプールに行きましたな。

毎年海には行っているんだけど。

荒天になる予報で、行くつもりだった夏祭りは中止。

天気もすぐれないので屋内レジャーを探したところ、下松健康パークのプールがオープンしていたので、家族で出かけた。

田舎なので雨の日でも過ごせるような場所が少ないのが難点。

 

 

調子に乗って、はしゃいで子供を抱えて飛び込んだらプールの底で足打ったわ。

いてて、ちくしょう。

大賀蓮

f:id:ikazuti-d:20190716102320j:plain

今年も恒例の大賀蓮の季節。定番の周南緑地公園へ。

蕾が多かったのでまだまだ見られそうだ。

朝花開くので、現地到着時は萎みかけていた。

ここは池の中央付近に花が咲くので距離が遠く、例年距離を詰めるのに悩まされていたが、今年から導入したAF-S Nikkor 500-200mmF5.6Eの出番の為、これ一本で出撃した。

f:id:ikazuti-d:20190716105900j:plain

距離感と言い丁度いい塩梅だ。

あまり評判のよくないレンズだが、純正なりに良い色合いは出してくれているように思える。

ここは自然豊かなところで訪れる人も多く、特にこの池周辺はカワセミを狙う老人カメラマンのサロンと化していた。常連さんであろう。和気あいあいとしている中で、見たことのないような若造が現われると格好の相手になってしまう。

やれ、カメラは何じゃ、レンズは何じゃ、カワセミの出現ポイントやら、市内に住んでいるのか、住所はどこか、名前は何じゃ、珍しいカメラストラップを付けとるじゃ、レンズは何mmじゃ、カメラは何じゃ。

なんじゃなんじゃほいほい。

絡まれる絡まれる。こちらの一挙手一投足に口を挟んでくる。

なんじゃなんじゃ。

おじいちゃんその質問2回目。なんじゃなんじゃ。

こっちも人がいいので話を合わせてしまう。

だが、写真とカメラの話なのでやぶさかではない。

本命の写真撮影は何だかんだほどほどになってしまった。

なんじゃこりゃ。

 

朝から趣味仲間と公園で写真談義。気のすむまで写真撮影。

好きなことを自由に好きなだけやれる。

彼らの姿は俺の理想の老後に近い。

 

しかし、今回の件で言えばどちらかと言うと、うら若きカメラ乙女の集団に囲まれたいと想うのであった。

 

ikazuti-d.hatenablog.comikazuti-d.hatenablog.com 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

いつかの風景 Short Break

f:id:ikazuti-d:20190624221548j:plain

いつもの周回コース。その小休止での一枚。

写ルンですでの撮影。

確か最近の写真だが、古臭いノスタルジックな一枚になったな。

車検へ預けて1か月経とうとするが、未だに音沙汰なし。

人員不足で2か月待ちになると言われたのはあながち大げさな話ではないかもしれない。

そろそろ乗りたいんだけどねぇ・・・。

 

 

ikazuti-d.hatenablog.com

ikazuti-d.hatenablog.com