蒼天遊々な旅

LIFE IS TRAVEL

防府天満宮 梅まつり

朝方には雨が降っていたが午後には綺麗に晴れてむしろ暖かかったくらい気候に恵まれた。

アフリカンダンスチーム『山口アフリ家族』が防府天満宮で開催される梅まつりに出演で撮影のために駆けつけた。

出店もあったりして沢山の人で賑わっていたな。

山口アフリ家族の出演はトリでアフリカ太鼓の生音が境内に響き渡ることもあって非常に盛り上がっていましたな。

天気が良くてよかった。

途中、古くからの友人で兄貴分のサジさんも太鼓を担いで乱入。

実はサジさん防府天満宮の氏子総代で、イベントの盛り上げ役として参加してくれていましたな。色々なところで頼りにされてとります。

 

久し振りに動画も含めて大量に撮影したので写真の整理中。

 

肥後守ケース ver.3

以前造ったナイフケースの形状を参考に、肥後守のケースを製作。

ikazuti-d.hatenablog.com

 

グリップに厚みのある積層強化木に合わせたサイズ感。

これで所有するすべての肥後守にあったケースを作り終えた。

 

材料には、最後に使ったのはいつだったか忘れたくらい放置していたクロム鞣しの黒革を使用した。

経年変化を楽しみたかったので基本はタンニンなめしの革を使っていたのだが、久しぶりに黒を使うといつもと違う雰囲気が出ていい感じだなぁ。

あまり考えずいつもの流れで黄色みがかったナイロンシニューを使ったこともあって糸が目立つ。

使っていけば銀色っぽい感じになるので、より糸が目立つだろうなぁ。

FEDECAのナイフケースを作成したときに記録していた寸法とデザイン画を参考にした。芸が無いので似たようなデザインの踏襲になってしまうが・・・。。

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

クロムなめしの革は経年変化が少ないので、新品時の見た目の良さが長く続くのが良いところ。黒革で作ったアイテムも少ないし、そんなにハードに使ってないので毎日実用させたときにどんな感じになるかは未知数。

革細工を始めた時に買った半裁の黒革がほとんど使われずに綺麗なままあるし、黒い糸もあるし、ブラックトーンで小型財布でも仕立ててみようかな。

きっちりと図面を作っているので、久しぶりに復習して再現性があるかどうかを腕前も含めて試してみたいところ。

ikazuti-d.hatenablog.com

この時造った極小財布。

そういえば造りっぱなしで、使わず飾っていたりするんだけれど。

 

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

松林

松林で一枚。

ikazuti-d.hatenablog.com

 

 

日々の雑感。

日経平均株価が史上最高値となって、バブル全盛期を超えたと大騒ぎで拍手喝采のニュース映像を見るが、ちっとも景気がいいとは感じれない。

バブルの全盛期がどんなもんだったかは知らんけど。

 

ブログの記事ではなんか色々なところに出かけて、好き勝手に色々買って贅沢している様に見えるかもしれないけれど、今の生活は100円均一で売られているようなもので満足してしまう感じなんだわ。

決して100円均一の商品を卑下して悪く言うつもりもないし、リスペクトはしている。

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

お前の生活はそれでも裕福な方だ。

上見て暮らすな下見て暮らせ。

と、言われればそれで話はおしまいなんだけど。

Seaside

この時期になのにもかかわらず、暑いなぁ。

仕事中に体を動かしただけで少し汗ばんだぜ。

寒さを堪えて走っている時期なんだけどなぁ。

俺が生きているうちに、冬という概念が無くなりそうだ。