蒼天遊々な旅

LIFE IS TRAVEL

大賀蓮

f:id:ikazuti-d:20210726093529j:plain

周南緑地公園へ大賀蓮の咲き具合を下見に足を運ぶ。

数輪咲いていたが最盛期まではまだ遠く、蕾が多く目立っていた。

見頃は来週くらいだろうか今年は咲き具合は遅いみたいだ。 

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

朝から気温が高く、日差しも強くて溶けそうだわ。 

コーヒータイム IN 千畳敷

f:id:ikazuti-d:20210725112031j:plain

いつもお世話になっている山本モータースのイベント『コーヒータイム』。

子供が出来てからずいぶんと訪れることは無かったが丁度休みのタイミングが合ったので出かけてみた。

当初は嫁さんがバイクで子供二人と俺で車に乗って出かける予定だったのだが、気温が高く暑いとかで嫁さんが怖気づいて車での参加になった。

f:id:ikazuti-d:20210725115513j:plain

千畳敷の駐車場の一角をでバイクの集まり。

テントブースが休憩所になっており、お菓子と飲み物を振舞っていた。

f:id:ikazuti-d:20210725115612j:plain

一番手前のバイクがO田さんの新バイク。

カブだがだいぶお洒落だな。

f:id:ikazuti-d:20210725120209j:plain

こちらは参加者のハンターカブ。これだったら割とマジでどこでも行けそう。

f:id:ikazuti-d:20210725120153j:plain

バイクの集まりに車で乗り込むという変な状況でしたが、久々のコーヒータイムを楽しめましたな。

f:id:ikazuti-d:20210725114627j:plain

 

ikazuti-d.hatenablog.com

  

ikazuti-d.hatenablog.com

 



 

 

いつかの風景 桜並木

f:id:ikazuti-d:20210722214914j:plain

OLYMPUS PEN EE-3 2号機リペア + Kodak ColorPlus200】

このころから露出計が動いていなかったのか?

まるで白昼夢のような露出。

 

自由と言われるなら自由にやらせてもらう。それが夏休みの自由研究だ。

f:id:ikazuti-d:20210721142833j:plain

子供の夏休み初日と仕事の休みが合ったので、どこか行きたいところが無いか尋ねたらミニ四駆をしにバージョンアップに行きたいとの事で連れて行った。

ミニ四駆を走らせるというよりもお店にたむろして駄菓子コーナーでお菓子を買って店長と世間話をする方が楽しいようだ。

店長に色々とお世話になっている手前、たまには何かプラモの一つでも購入しないと罰が当たりそうなので、子供が欲しいとねだってきたプラモデルを購入した。

工具一式持ってるから早速その場で組み立てるわな。

f:id:ikazuti-d:20210721205237j:plain

で、購入したのはフジミ模型の自由研究シリーズと言われるプラモデル。

超リアルな造形。それに割とでかいし。

これ塗装が上手い奴が塗ったら本物と見間違えるくらいになるぜ。

いや、本物は庭に居るんだけれどもね。

家の庭で孵化したときには小っちゃい奴が100匹以上いたわ。

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

本物で動きを観察。プラモで詳細なディテールを観察。

関節も本物同様の位置で可動するのでポージングの自由度も高い。

f:id:ikazuti-d:20210721205303j:plain

f:id:ikazuti-d:20210721205616j:plain

店先で店長、店員さんや他のお客さんと観察してディティールの精巧さに見とれていましたな。

俺「命を刈り取る形をしているな。」

店長「これの7m級が出てきたら自衛隊案件。」

 

くそう。塗りたくなってきたぜ。

CIRRUS 9

f:id:ikazuti-d:20210715090727j:plain

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 登山靴のリペアが完了してお店に出向いたときに、お店のSNSで見て気になっていた商品を購入した。

登山用品メーカー『ブラックダイヤモンド』の軽量ザック『CIRRUS 9』だ。

先日の右田ヶ岳の登山の際に試しに使ってみた。

 

ikazuti-d.hatenablog.com

 

本来の用途はメインザックというよりもサブザックやアタックザックという立ち位置の物。収納時は手のひらにすっぽりと収まる大きさで軽量化をはからねばならない登山装備においてはこの大きさは荷物にならないだろう。

重量はなんと30gという驚きの軽さ。

これほどの軽さなのにもかかわらず、バックルを使用せず、ロープのフリクションだけでショルダー調整があったりチェストストラップがあったりと、背負った時のフィット感も兼ね備えたザックだったりする。

バイクでの出先で買い物をしたときにこれがあると諦めずに購入して持って帰ることが出来るという、バイク乗りあるあるを語ったお店の紹介に釣られてみた。

f:id:ikazuti-d:20210715101532j:plain

容量は9L。水筒と行動食、タオルやヘッドライトなどちょっとした小物なら十分に納めることが出来る容量だ。生地も透けるほど薄く、ジッパー部の布部分もメッシュになっていたり随所に軽量化がはかられているが、ザックとしての安定感、肩からずれ落ちないとか、しっかり体にフィットしてザックが暴れないとかいう点もきちんと補われており、非常に使い勝手が良いように感じた。

ついつい普段からヘビーオンスのデニムを愛用しているので、この透けるほど薄い生地がまるでトイレットペーパーのように感じられ不安があったが、縫製や生地そのものの強度も十分に確保されているようで、使ってみて安心感は得られたように感じる。

しかし、ロープのフリクション(摩擦)だけでショルダーハーネスやチェストハーネスを絞って通常のザックのように体に密着させるという造りは斬新だった。

大体この手の超軽量ザックだとハーネスの調整機構は排除されていることが多いのだけれど、この『CIRRUS9』に関しては背負い心地を左右する調整機構を排除しないというメーカーの意気込みを感じれる。

f:id:ikazuti-d:20210718221746j:plain

輪郭を出すために中にブランケットを入れてみたのだが、そちらの色が濃いせいで透けて色合いが変わってしまった。

夏の間の登山はこれをメインに使ってみようかな。

 

ikazuti-d.hatenablog.com